プチ・エッセイ

アクセスカウンタ

zoom RSS 何でもお見通しみたいだね

<<   作成日時 : 2015/06/05 00:38   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

5/31に幼馴染の女の子と浅草までドライブしてきたのですが、「どうしても浅草に行きたいんだけど、病気で体力落ちてて、万一倒れちゃうといけないので一緒に行ってもらってもいいかな?」と誘いました。
いかに幼馴染とはいえ、普段だったら誘えません。
最近バツイチになって実家に戻ってると連絡をもらっていたので、TELしてみました。
「仕事休みだし、暇だからつき合ってあげるよ」と快い返事がもらえました。
幼馴染とドライブするのは、数年ぶり。
家まで迎えに行って、久しぶりに顔を見て、お互いに「変わらないね」と言い合いましたw
周囲からは、お互いに、童顔だと言われています。
僕の車を見て、「カッコイイね。またそういうの買ったんだぁ」と言ってくれました。
子供の頃の話しをしたり、お互いの過去の恋話をしたりしながらドライブしました。
帰りに休憩で寄ったPAで、「『病気で倒れるといけない』なんてのは口実で、本当は何か辛いことがあったんでしょ?一緒に歩いてる時、時々悲しそうな顔してたよ」と言われました。
実際、貧血で倒れちゃったけど、確かに口実でした。
『やっぱり、この人には隠し事できないな』と思いました。
さすがは物心ついた時からのつき合いです。
もっと言うなら、父親同士が幼馴染なので、産まれる前からのつき合いです。
こちらのことは何でもお見通しだったようです。
いろいろと辛いことが重なって、誰かに傍にいて欲しかったんです。
ずっと抑え込んでいたものが解放されたみたいになって、ボロボロと泣いてしまいました。
仕事でミスしちゃったし、病気も良くならない。
誘っておいて失礼だけど、本当は、別の人と一緒に行きたかった。
でも、その人とは一緒に行くことができない。
誰も、その人の替わりになんてなれない。
『今隣りにいるのが、その人だったら良かったのに』と思ってしまう。
それでも、誰かに傍にいて欲しかった。
そんな気持ちを正直に話しました。
「OXちゃんの涙見るの、小学校以来だね。今日は、昔に戻って思いっきり泣いちゃいな」と言ってくれました。
小さい頃は、泣いてばかりで、何度慰めてもらったかわかりません。
大人になってから、また幼馴染の前で泣いちゃうとは思いませんでした。
泣いたって、何が変わるわけじゃない。
でも、少しだけ楽になったような気がします。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
何でもお見通しみたいだね プチ・エッセイ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる