アクセスカウンタ

zoom RSS テーマ「平氏」のブログ記事

みんなの「平氏」ブログ

タイトル 日 時
関宿城
千葉県野田市関宿三軒家には、かつて関宿城が築かれていました。 室町期に、鎌倉公方の家臣であった梁田氏によって築かれたのが始まりです。 一時期、古河公方足利義氏の居城となりました。 江戸期には、関宿藩の藩庁となりました。 関宿藩は、何回か大名の転封があり、譜代大名数家の居城となりました。 江戸期の関宿城には、江戸城の富士見櫓を模した天守状の櫓が建てられました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/05/03 13:58
通りすがりに見つけた神社 31
千葉県いすみ市深堀には、瀧口神社が鎮座しています。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2015/11/04 03:24
叶大明神
神奈川県横須賀市東浦賀には、(東)叶神社が鎮座しています。 祭神は、誉田別命です。 養和元年(1181年)に、京都神護寺の僧文覚が石清水八幡宮を勧請して、源氏の再興を祈願したのが始まりと伝えられています。 文治2年(1186年)に、源頼朝が源氏再興成就の意によって社号を改め「叶大明神」と尊称されるようになりました。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 0

2013/02/01 21:10
謎の大膳
千葉県南房総市千倉町川口には、龍光山高徳院という真言宗智山派の寺院があります。 里見義堯が当主の時代に目代であった正木大膳高法(まさきだいぜんたかのり)が、天文13年に小田喜城に出陣の折に、里見氏より授かった虚空蔵菩薩像に万一のことがあってはならないと高徳院に預けたという古文書が伝わっているそうです。 手持ちの本からは、正木大膳を名乗った人物に「高法」なる人物は発見できませんでしたが、天文13年の小田喜城出陣に正木大膳時茂の名前を発見できました。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2012/11/28 23:10
NHK大河ドラマ平清盛
いよいよ源頼朝が平家打倒の挙兵をする回となりました。 「頼朝の出番も多くなってくるはず」と期待しております。 1年という長い間観てくると、清盛に勧請移入してしまいますが、自分の中ではやはり頼朝を贔屓している部分の方が強いです。 来週からは、清盛ではなく、頼朝が主役のつもりで観てしまいそうです。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2012/11/25 23:46
三浦氏が幟を立てた山
神奈川県横須賀市久里浜の住吉神社の裏山は、治承4年(1180年)に、三浦義澄が幟を立てたと伝わる山があります。 義澄は、衣笠城落城の折に船で安房国に渡り、源頼朝を迎えました。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2012/10/30 21:01
通りすがりに見つけた神社 28
神奈川県横須賀市久里浜には、住吉神社が鎮座しています。 祭神は、中筒男命です。 創建年代は、約1000年前と伝えられています。 かつては栗濱大明神と称され、三浦氏の水軍の船霊として信仰されました。 治承4年(1180年)に衣笠城落城前夜に、三浦義澄が一族郎党を引き連れ祈願し、源頼朝と共に安房国に渡ったと伝えられています。 寿永元年1182年)に、源頼朝の嫡男頼家誕生時に佐原十郎義連を使者として御馬を奉納したとも伝えられています。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2012/10/29 23:23
通りすがりに見つけたお寺 7
神奈川県鎌倉市大船には粟船山常楽寺という臨済宗建長寺派の寺院があります。 開山は退耕行勇で、開基は北条泰時です。 もとは粟船御堂と呼ばれ、泰時が嘉禎3年(1237年)に妻の母の供養のために創建しました。 本尊は阿弥陀三尊です。 源頼朝の長女大姫の許嫁で人質でもあった木曽義高の墓と伝わる供養塔があります。 義高の供養塔の近くに大姫または泰時の娘の墓と伝わる供養塔がありますが詳細はわかりません。 「粟船山常楽寺略記」では大姫の墓と書かれ、「鎌倉誌」では泰時の娘の墓と書かれています。 ... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2012/10/23 21:08
鎌倉から引っ越してきたお寺 1
神奈川県三浦郡葉山町上山口には、不捨山摂取院新善光寺という浄土宗の寺院があります。 治承3年(1179年)に信濃国の善光寺が火災で焼失し、再建はなかなか進みませんでした。 源頼朝は、文治3年(1187年)に信濃国の御家人に善光寺の再建を命じました。 頼朝自らも建久8年(1197年)に善光寺を参詣し、その折に善光寺如来のご分身を勧請し、北条時政が鎌倉名越の山荘に祀りました。 時政の孫の名越朝時によって名越の地に堂宇が造営され、新善光寺と名付けられました。 15世紀中頃、蜜道和尚によって現... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2012/10/12 22:49
常陸国一之宮 2
奥宮江戸幕府初代将軍徳川家康によって鹿島神宮の本殿として造営されたものです。 二代将軍徳川秀忠が新たに本殿を造営した際に、現在地に移されて奥宮となりました。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2012/10/04 23:06
玉前神社の別当寺
千葉県長生郡一宮町一宮には、玉崎山観明寺という天台宗の寺院があります。 本尊は、十一面観世音菩薩です。 かつては、上総国一之宮の玉前神社の別当寺でした。 正木時通が守護不入を認めた制札が残されています。 時通は、安房里見氏配下の武将でした。 父の正木時忠が里見氏に謀反した時に、時通も参加して上総一宮城を攻め落としています。 後に再び里見氏の配下に復し、勝浦城主となりました。 時通の菩提寺は、千葉県南房総市加茂にある日運寺という日蓮宗の寺院です。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2012/09/13 20:57
出家
NHK大河ドラマ「平清盛」を視聴。 今回のエピソードでは、清盛が出家しました。 ツルツル頭になったら、以前よりも若返って見えてしまいました。 もう少しメイクで皺を入れた方が良かったと思いました。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2012/09/09 23:15
上総国一之宮
千葉県長生郡一宮町一宮には、玉前神社が鎮座しています。 祭神は、玉依姫命です。 古くから上総国一之宮として崇敬されてきました。 永禄年間に起こった里見氏と北条氏の戦で社殿を焼失し、その時に宝物や文書等も多くが焼失したため、創建年代や由来については明らかにされていません。 天正10年(1582年)に、里見義頼によって再建されたと伝えられています。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2012/09/05 22:50
通りすがりに見つけた神社 27
千葉県南房総市珠師ヶ谷には、正八幡宮が鎮座しています。 万寿2年(1025年)に、安房国司藤原惟忠の家臣が小祠を建立し宇佐八幡を勧請したのが始まりです。 長寛2年(1164年に)、和田氏の祖となる杉本義宗が現在地に社殿を造営し、長狭六郎常伴討滅の祈願をしました。 しかし義宗は、長狭氏との戦で負傷して死去しました。 長狭氏は、義宗の弟の三浦義澄によって討滅されました。 寛元3年(1245年)には、丸珠師ヶ谷殿が社殿を改築しています。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2012/08/28 21:46
小田喜正木氏所縁の寺院
千葉県いすみ市行川には、興栄山妙泉寺という日蓮宗の寺院があります。 本尊は、釈迦如来と日蓮上人の像です。 延文2年(1357年)に土地の豪族狩野氏によって創建されたと伝わっています。 永禄9年(1566年)に正木憲時から不入を認められました。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2012/08/19 23:13
頼まれごと
母から「今度小田原辺りに連れて行ってくれない?」と頼まれました。 小田原城を見たいらしいです。 鎌倉にはよく行くので、ちょっと足を伸ばせばすぐ小田原だと思いますが、あまり気乗りしません。 北条氏には全く興味がないからです。 結局、足利と日光に連れて行くということで話しがつきました。 いつになるかわかりませんが・・・。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2012/08/15 22:01
放送なし
オリンピックのため、本日は「機動戦士ガンダムAGE」と「平清盛」の放送がありませんでした。 他に特に観たい番組もないし、つまらない日でした。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2012/08/12 22:08
小田喜城の鎮守
千葉県夷隅郡大多喜町船子には、八幡神社が鎮座しています。 鶴岡八幡宮を勧請して小田喜城の鎮守とし、大永7年(1527年)に上総武田氏の武田信清、天文15年(1546年)に正木時茂が太刀を奉納したと伝わっています。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 2

2012/08/08 23:24
頼朝の冥福を祈るための寺院
神奈川県鎌倉市大町には、祇園山安養院長楽寺という浄土宗の寺院があります。 嘉禄元年(1225年)に、北条政子が源頼朝の冥福を祈るために笹目ヶ谷に寺院を創建したのが始まりと伝えられています。 長楽寺は、元弘元年(1333年)に兵火によって焼失し、大町にあった善導寺に統合され、安養院長楽寺と号しました。 江戸期に田代寺を統合して、現在の安養院になりました。 本尊は、阿弥陀如来です。 田代寺は、頼朝の家臣田代信綱が建久3年(1192年)に比企ヶ谷に創建しました。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2012/06/29 22:14
高望王臣籍降下の日
6月14日は、桓武天皇の曾孫(孫の可能性もあり)の高望王が臣籍降下し平姓を賜った日です。 高望王は桓武天皇の第三皇子葛原親王の三男高見王の子とされていますが、高見王の存在は疑わしい部分もあり、高望王は葛原親王の子と考える説もあります。 高望王は、寛平元年5月13日(889年6月14日)に平朝臣高望となりました。 平高望は、昌泰元年(898年)に上総介に任じられ、一族を引き連れて任地に赴き、任期を過ぎても都に戻らずに在地支配の強化に努めました。 高望は、伊勢平氏や坂東平氏の祖となりました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2012/06/14 20:54
将門伝説のある寺院
栃木県足利市小俣町には、仏手山金剛王院鶏足寺という真言宗豊山派の寺院があります。 大同4年(809年)に東大寺の定恵上人が世尊寺一乗坊として開山したのが始まりです。 平将門の乱の時に藤原秀郷が戦勝祈願に訪れ、将門の土人形を作って、将門調伏の祈祷をしました。 翌朝土人形に鶏の足跡が3つ付いていたので勝利を悟ったと伝えられています。 この功によって、世尊寺は鶏足寺と改められました。 足利泰氏の八男の小俣賢宝を祖とする小俣一族が何人か住持を務めています。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2012/05/31 22:15
源義兼公正室の菩提寺
栃木県足利市巴町には、帝釈山智願院法玄寺という浄土宗の寺院があります。 足利義兼の正室北条時子の菩提を弔うために、義兼の庶長子の足利義純によって創建されました。 時子は、義兼が鎌倉に滞在中に腹部が膨れて妊娠したように見える状態になり、侍女の藤野が時子が密通していると義兼に虚偽の報告したため、義兼は疑念を持ちました。 時子は身の潔白を証明するために「死後に我が身体あらためよ」と遺言して自害しました。 死後に腹部を裂いてみると、中からは大量の蛭が出てきたとのこと。 藤野が飲ませた汲み水が原... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2012/05/23 21:52
鑁阿寺 5
大酉堂足利尊氏を祀るために室町期に建立され、甲冑姿の尊氏の木像が安置されていました。 明治期の皇国史観の影響で、尊氏の木像は他に移され、替わって大酉大権現が祀られました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2012/05/16 22:25
鑁阿寺 3
経堂足利義兼が妻の北条時子の供養のために建立したと伝えられています。 現在の建物は、応永14年(1407年)に関東管領(鎌倉公方)足利満兼が再建したものです。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2012/05/14 22:35
常陸国へ
ふと思い立って、安房里見氏所縁の鹿島神宮に行ってきました。 途中で正木氏や上総介広常所縁の上総国一ノ宮の玉前神社に寄ってきました。 玉前神社のすぐ近くに大きな寺院が見えたので、かつては玉前神社の別当寺だったのではないかと思い、そこにも寄ってきました。 やはり正木氏に所縁がありました。 続いて銚子に立ち寄り、通りすがりに見つけた満願寺に行ってきました。 坂東三十三ヶ所観音霊場や四国八十八ヶ所霊場巡り等を終えて満願成就した人が報恩感謝のために訪れる寺のようです。 ついでに銚子の灯台も撮影... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2012/05/07 21:59
初撮影
仕事が休みで天気も良かったので洗車したかったのですが、体調が良くなかったので「拭くピカ」で拭きました。 キレイになったところで、地元の海岸までドライブして、コンクリート舗装してある所に駐車して写真を撮りました。 その後は山道をドライブ。 ふと思い立って、千葉県南房総市にある「正文寺」に行ってきました。 ここは桓武平氏三浦氏流の真田氏と、同じく三浦氏流の正木氏の菩提寺です。 うちの出自は定かではありませんが、単純に名字だけなら三浦氏の庶流の中に同じ名字があります。 先祖が明治以前から今... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 7

2012/03/13 23:54
ONE PIECEですか・・・
NHK大河ドラマ「平清盛」の最新話を視聴。 西海の海賊の頭領「兎丸」を演じる加藤浩次さんのセリフに「俺は海賊王になる」が・・・。 絶対に「ONE PIECE」を意識したセリフです。 「ONE PIECE」の根付けストラップで「平清盛」のシリーズがあるから、セリフの流用もありかな。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2012/02/12 22:25
「平清盛」の第2話を視聴。 公家役で、阿部サダヲさんと佐藤二郎さんが出演していますが、なかなか良い味を出しています。 今後、清盛と深く係わってくる役どころなので、かなり期待しています。 頼朝は相変わらず威厳が感じられず、とても残念。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2012/01/15 22:50
清盛
録画しておいた「平清盛」を視聴。 想像以上に汚らしい設定でした。 しかし、それが良いとも思います。 これから清盛の成長と出世と共に、段々と煌びやかな世界へと変わっていくのだろうと思います。 冒頭に登場した源頼朝が、あまり威厳を感じられず、とても残念でした。 あの段階の頼朝なら、もう少し年輩の俳優を使った方が良かったのではないかと思いました。 政子の衣装設定はおもしろかったのですが・・・。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 30 / トラックバック 0 / コメント 2

2012/01/09 21:55
流れ
うちの先祖の出自はよくわかりません。 単純に名字だけなら、桓武平氏三浦氏流の一族の中に同じ名字が存在します。 清和源氏ではないのが、残念なところです。 男系ではなく女系で辿ると、祖母の実家は清和源氏新田氏流里見氏に連なるという口伝があります。 ハッタリだろうが、何も伝わっていないよりはマシかなと思います。 どこかから嘘の家系図でも良いから出てこないかな・・・。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2012/01/05 23:10
豪族
昨日は、桓武平氏三浦氏流真田氏の子孫の「さなゆき様」よりTELをいただき、しばし世間話しに花が咲きました。 歴史好きな知り合いが近くにいないので、たまに中世の武士の話しができるのはうれしいことです。 ...続きを見る

驚いた ブログ気持玉 12 / トラックバック 0 / コメント 2

2011/12/28 22:35
里見氏&正木氏の供養塔
千葉県鴨川市小湊には誕生寺という日蓮宗の寺院があり、安房国を支配した大名の里見義頼、里見義康、里見忠義とその配下の正木頼忠の供養塔があります。 誕生寺は、日蓮の生誕地に建立された寺院です。 正木氏は、日蓮宗に深く帰依しておりました。 誕生寺の寺領は、正木氏によって寄進されて、里見氏が安堵したものです。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 5 / トラックバック 0 / コメント 0

2011/06/21 22:36
七口の一つ
神奈川県鎌倉市の「扇ガ谷」から「山ノ内」にかけて「亀ヶ谷坂」と呼ばれる坂があります。 あまりの傾斜に亀もひっくり返ったと言われ、「亀返坂」という別名があります。 鎌倉七口と呼ばれる切通しの一つで、軍事都市となった鎌倉と外界を結んでいました。 三方を山で囲まれた鎌倉には、狭い切通しを通らないと入れないようになっており、防御上の要にもなっていました。 仁治元年(1240年)に北条泰時が開いたと伝えられていますが、泰時が開いたのは「雪ノ下」から「山ノ内」を結ぶ「巨福呂坂」だったとも伝えられてい... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2011/05/02 21:16
立石
千葉県館山市山本には、「立石」と呼ばれる大きな石があります。 鎌倉期の武将の朝比奈三郎義秀が投げた石だという伝承があります。 義秀は、三浦氏の流れを汲む和田氏の一族で、安房国朝夷郡を所領としていました。 「朝夷(あさい)郡」は、かつては「あさひな郡」と呼ばれ、朝比奈の名字はそこから来ていると伝えられています。 義秀はとても怪力だったと伝えられており、鎌倉の朝比奈切通しは義秀が一夜で切り開いたものだという伝承もあります。 和田氏と北条氏が戦った和田合戦の時には、本家の和田氏と共に戦い、北... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2011/03/25 23:08
源義興公命日
11月11は、新田義貞の次男の新田義興が亡くなった日です。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2010/11/11 02:43
3つの伝承を持つ橋
千葉県千葉市中央区港町には、都川という川が流れ、そこに君待橋という橋が架かっています。 かつては新川という小さな川に架かっていましたが、千葉市の都市計画の一環で北方に約200メートル移動して、都川に新たに掛け直されました。 ...続きを見る

面白い ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2010/11/08 04:24
妙見信仰の頂点
千葉県千葉市中央区院内には、千葉神社が鎮座しています。 主祭神は、北辰妙見尊星王(天之御中主大神)です。 千葉氏の祖である平良文は妙見尊を信仰していました。 良文の孫の平忠常により御分霊が祀られ、忠常の次男の覚算大僧正によって整備されて北斗山金剛授寺尊光院という真言宗の寺院となりました。 千葉氏宗家は、代々金剛授寺で元服しました。 源頼朝も、第二の父と慕った千葉常胤に案内されて、同寺を参拝したと伝えられています。 江戸期には、北斗山妙見寺と改称し、幕府から御朱印200石と10万石の格... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2010/10/24 18:18
源氏三代を供養していた千葉氏の菩提寺
千葉県千葉市轟町には、阿毘盧山密乗院大日寺という真言宗豊山派の寺院があります。 本尊は、大日如来です。 建長6年(1254年)に、千葉頼胤によって、下総国馬橋(現:千葉県松戸市馬橋)に源氏三代(源頼朝、頼家、実朝)の霊を供養するために創建されました。 弘安7年(1284年)に、千葉胤宗によって、現在の千葉県千葉市中央区中央1丁目に移されて、千葉氏累代の菩提寺となったと伝えられています。 昭和20年(1945年)に戦災で焼失し、現在地に移転再興されました。 跡地は、通町公園になっています... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2010/10/17 18:02
血筋
「我が家は里見義弘の三男の血筋だ」と言う人に偶然会いました。 一応、代々伝わる家系図があるとのこと。 話しを聞いてみると「我が家は由緒正しき平家の末裔だ」とも言っていました。 これは、おかしなことです。 里見氏は平氏ではなく、源氏です。 少ししかお話しできなかったので、詳細はわかりませんでした。 単なる勘違いなのかもしれませんし、御先祖の方が家名を上げるために適当なことをでっちあげたのかもしれません。 せっかく自慢しているところに、里見氏の出自を詳しく説明して気分を害してしまっても... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 4

2010/10/04 23:50
頼朝公大敗の日
9月14日は、石橋山の合戦があった日です。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2010/09/14 22:50
安房里見氏菩提寺巡り 21
千葉県鴨川市宮山には、富川山龍雲院長安寺という曹洞宗の寺院があります。 本尊は華厳三聖です。 安房里見氏から115石の寺領を与えられていました。 永正3年(1506年)に正木時忠が創建したとする説と、天文9年(1540年)に正木時茂が創建したとする説があります。 時茂の菩提寺です。 時茂の娘で、里見義頼の側室(里見義康の母)の龍雲院の菩提寺でもあります。 龍雲院は、義頼の死去後は「御隠居様」と呼ばれ、里見家で絶大な権勢を誇りました。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2010/08/31 19:51
安房里見氏菩提寺巡り 番外編5
千葉県鴨川市貝渚には、壽慶山心巖寺光明院という浄土宗の寺院があります。 文永2年(1256年)に記主禅師によって北風原村(現:鴨川市北風原)に創建されました。 兵火で焼失したため、天正5年(1577年)に安房里見氏の家臣正木石見守道俊(頼房)によって磯村(現:鴨川市磯村)に移転開基されました。 その後、火災や震災で荒廃し、昭和5年(1930年)に第二十四世住職の達穏上人によって現在地に移転されました。 本尊は阿弥陀如来です。 境内には、正木道俊と妻(里見義弘の長女)の供養塔があります。... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2010/08/25 23:27
安養院命日
8月16日は、鎌倉幕府初代将軍源頼朝の正室の北条政子が亡くなった日です。 法名は、安養院です。 第四代将軍九条頼経の幼少時に、後見役として尼将軍と呼ばれました。 嘉禄元年(1225年)に病死し、勝長寿院(神奈川県鎌倉市雪ノ下)に葬られたと伝えられています。 寿福寺(鎌倉市扇ヶ谷)にも、政子の墓と伝わる供養塔があります。 実家の覇権のためにわが子を手にかけた悪女なのか? それとも、わが子の暗殺には全く関わっておらず、夫や子供達に先立たれた悲しき女性だったのか? それが、とても気になり... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2010/08/16 22:55
微妙に嬉しく、激しく残念
ニュースサイトの情報で、2012年の大河ドラマは平清盛が主人公になるらしいことが書いてありました。 源頼朝が好きなので、この時代のドラマ化は嬉しいです。 残念なのは、頼朝の敵側が主人公ということです。 もちろん頼朝も出てくるはずですが、出番は少ないと思います。 個人的には、頼朝が主人公でやってほしかったです。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2010/07/24 22:09
鎌倉幕府終焉の日
7月4日は、新田義貞率いる討幕軍に攻められて、北条高時一門が自刃して果てた日です。 都からは足利氏の分家の一つとしか見られていなかった新田氏が、歴史の表舞台に登場した出来事でもあります。 鎌倉を落とした新田氏は、一躍ヒーローになれるはずでした。 しかし、新田氏にとって誤算だったのは、源氏嫡流と自他共に認められている足利氏の影響力の絶大さでした。 討幕軍の中には、足利尊氏の嫡子の千寿王(義詮)がいました。 義貞の討幕軍に参加した武士達は、義貞が千寿王を擁して決起したと思っていた者が多かっ... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2010/07/04 23:55
千葉氏史跡巡り
千葉県千葉市に行く用事があったので、ついでに千葉氏所縁の史跡を3ヶ所訪ねてきました。 千葉氏が信仰した妙見菩薩を祀る千葉神社、千葉氏の菩提寺の大日寺、千葉常胤が源頼朝を出迎えた橋の君待橋です。 千葉駅を出て、まずはタクシーで稲毛区の大日寺へ。 道を覚えたので、日頃の運動不足解消を兼ねて、歩いて千葉駅付近まで戻りました。 用事を済ませた後、千葉駅で見た街の案内図を暗記して、歩いて千葉神社へ。 さらに歩いて本千葉駅へ向かい、本千葉駅にあった街の案内図を見て、今度は君待橋を目指しました。 ... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2010/06/25 23:49
安西氏の居館跡
千葉県南房総市池之内には、平松城跡があります。 平松城は、平安時代に安房郡西部を勢力圏とした桓武平氏の一族の安西氏の居館跡と考えられており、安房に落ちてきた源頼朝も一時逗留したようです。 安西氏は、源義朝に従属していました。 その縁で、安西三郎景益は、頼朝が落ちてきた時には真っ先に駆けつけて忠誠を誓いました。 景益は、幼少の頃から頼朝と昵懇の間柄だったと伝えられています。 安西氏は、戦国期には安房里見氏の家臣となっており、平松城は安西式部という人が居館としていたようです。 出羽三山(... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 0

2010/06/11 16:57
丸氏の菩提寺
千葉県南房総市丸本郷には、吉祥山極楽院安楽寺という天台宗の寺院があります。 平安時代から戦国時代にかけて安房国の朝夷郡を支配していた豪族の丸氏の菩提寺です。 丸氏は、仮冒という説が有力ですが、一応桓武平氏の出自を名乗っていたようです。 「平常重代清光院殿」と刻印された鋳造護摩釜があります。 中雀門は、一部修築されているものの、基本部分は室町時代からそのままだそうです。 裏山は、丸氏の館跡です。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2010/06/04 19:41
読書の秋 2
本日は歴史小説を読みました。 永井路子先生の「北条政子」です。 北条政子は、一般的には悪女の代名詞的人物として知られています。 以前に他の人の書いた北条政子を題材にした小説を読んだことがあるのですが、実家(北条家)の天下取りのためには実の息子達も迷わず死に追いやるような悪の権化として書かれていました。 永井先生の本では、逆に悲劇のヒロインとして書かれています。 実家のことももちろん大切に思ってはいますが、子供達を分け隔てなく愛して育てたように描写されています。 頼家や実朝の暗殺には関... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2009/09/24 23:19
磨崖の五輪塔
千葉県南房総市和田町中三原には、正文寺という日蓮宗の寺院があります。 ここには、当寺を菩提寺として創建した真田氏の供養塔があります。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 1 / コメント 2

2009/09/07 18:29
六代御前の墓
神奈川県逗子市桜山には、六代御前の墓があります。 「六代御前」は、平高清の別称です。 平高清は、平清盛の曾孫です。 平氏嫡流として6代目なので六代御前と呼ばれます。 壇ノ浦の戦い後に捕らえられて処刑されるはずだったのですが、源頼朝に仕える文覚上人の働きかけで助命されました。 その後は、出家して文覚上人の弟子となりました。 頼朝死後に文覚上人は謀反の疑いをかけられて流罪となってしまいました。 その時に六代御前も捕らえられて鎌倉に送られ、田越川のほとりで処刑されました。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2009/08/24 22:39
真田氏史跡巡り
昨日は、房総真田氏の菩提寺の正文寺に行ってきました。 正文寺は、真田氏によって禅宗寺院として創建されましたが、真田氏と祖を同じにする正木氏によって安土桃山時代に日蓮宗に改宗されました。 以後は正木氏の菩提寺になりました。 ...続きを見る

ガッツ(がんばれ!) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 2

2009/07/26 02:39
里見氏一門の居城跡
千葉県館山市竹原には、明星山城がありました。 明星山城は、安房里見氏の一門衆の薦野神五郎頼俊の居城でした。 頼俊は、里見義頼の弟として生まれ、母方の姓の「薦野」を名乗りました。 頼俊の母方の薦野氏は、三浦氏の流れを汲む多々良氏の一族でした。 安房里見氏には、本家と本家が許可した者以外は「里見」を名乗れない決まりがあったので、母方の姓を名乗った一門は多いです。 慶長11年(1606年)の分限帳には、頼俊が2524石余を知行していたことが書かれています。 慶長19年(1614年)に里見氏... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 5 / トラックバック 0 / コメント 4

2009/06/17 06:30
真田氏創建の神社
千葉県南房総市和田町中三原には、諏訪神社が鎮座しています。 祭神は、建御名方神と八坂止売命です。 山の中に隠れるように建っています。 貞応年間(1222〜1224年)に、三原郷を支配していた豪族の真田氏によって創建されました。 永禄年間(1558〜1569年)に、安房里見氏が社殿の修復をおこなっています。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 1 / コメント 5

2009/06/06 09:41
小川の鎮守
千葉県南房総市和田町小川には、天御中主神社が鎮座しています。 正木頼忠が、慶長年間(1596〜1615年)に小川の地に住んでいた時に、この地の鎮守として創建しました。 頼忠の父の正木時忠が創建した妙達寺の裏山に位置します。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2009/06/04 14:14
娘のための菩提寺
千葉県南房総市和田町小川には、常宣山妙達寺という日蓮宗の寺院があります。 正木時忠が、三女の菩提を弔うために慶長17年(1612年)に創建しました。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2009/06/03 03:14
戦に加勢した薬師様
千葉県南房総市和田町柴には、弘誓山医王寺西福院という真言宗智山派の寺院があります。 建久2年(1191年)の創建で、本尊は大日如来です。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2009/05/30 12:53
千葉氏の屋敷跡
神奈川県鎌倉市小町には、日蓮宗の妙隆寺があります。 鎌倉・江ノ島七福神の寿老人が祀られています。 かつて鎌倉御家人の千葉氏の屋敷のあった地で、千葉胤貞が至徳2年(1385年)に日英上人を招いて創建しました。 千葉氏は、安房に落ちてきた源頼朝の再起を助けた一族で、幕府草創に貢献しました。 胤貞の先祖の常胤は、頼朝から「第二の父」と言われるほど信頼されました。 日英上人は、法華宗中山門流の僧で、千葉氏の庇護を受けて関東各地(特に房総)に寺院を建立しました。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2009/04/21 23:28
北条氏終焉の地
神奈川県鎌倉市小町には、東勝寺跡があります。 東勝寺は、13世紀前半に鎌倉幕府第三代執権北条泰時によって創建されました。 北条一族の菩提寺であると同時に、有事の際に城砦として機能する役割りも持っていたと考えられています。 寺院が有事の際に城砦として使われることは珍しいことではありません。 足利氏の創建した報国寺等も、有事には城砦として機能するように建てられたと考えられています。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 0

2009/04/20 23:36
とてもお墓には見えません
神奈川県鎌倉市小町には、紅葉山やぐらという鎌倉時代の墳墓があります。 昭和10年(1935年)に発見されました。 かつての北条執権邸の敷地内にあったことから、北条氏に所縁の墳墓だと考えられています。 ...続きを見る

面白い ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2009/04/17 20:45
丸に縦二つ引き両
千葉県館山市船形には、那古寺が管理している千日堂という墓地があります。 千日堂には、安房里見氏の家臣だった正木九右衛門一族の墓所があります。 正木九右衛門は、里見水軍を統括していた正木淡路守に繋がる系統だと伝えられています。 里見氏の改易後に船形村の鈴木弥惣右衛門という有力農民の娘を娶って、そのまま船形村に土着しました。 船形村は里見水軍所縁の村だったと考えられています。 九右衛門の子孫は、船形村の名主を代々務めました。 里見氏一門に正木九太郎という人がいます。 九右衛門と何か所縁... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 4

2009/04/02 15:45
桜はまだ早かった
ポカポカ陽気だったので史跡巡りをしてきました。 今回行ったのは、千葉県南房総市和田町の里見氏と正木氏所縁の場所です。 予定していた場所5ヶ所と、たまたま通りかかった神社1ヶ所を回りました。 和田町には源頼朝所縁の場所もあったのですが、今回の予定に入れ忘れました。 また和田町近隣に行く時にでも寄ってくるつもりです。 桜の花が咲いているかと期待していたのですが、まだ早かったみたいです。 所々咲いている場所はありましたが、まだ全然見頃ではありませんでした。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 2

2009/03/27 18:36
鶴谷八幡宮の別当寺 2
前日の記事の続きです。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2009/03/24 19:25
ひな祭りで有名らしい
千葉県勝浦市浜勝浦には遠見崎神社が鎮座しています。 安房里見氏、正木氏から崇敬されました。 江戸時代までは八幡岬突端の富貴島にあったと伝えられています。 慶長6年(1601年)に津波で流されてしまい、宮の谷という所に再建されましたが、万治2年(1659年)に現在地に遷座しました。 数日前にテレビのニュースで「勝浦ビッグひな祭り」というイベントを放送していました。 どこかで見たことのある神社だと思ったら、昨年の秋に訪ねた遠見崎神社でした。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2009/02/27 16:10
八幡岬
千葉県勝浦市浜勝浦には、八幡岬という岬があります。 かつて勝浦城があった場所で、現在は公園になっています。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 0

2009/02/23 22:32
細田妙見
千葉県君津市浦田には、久留里神社が鎮座しています。 治安元年(1021年)に平忠常によって創建されました。 忠常を祖とする千葉氏一族の氏神として栄え、かつては両総六妙見(千葉六妙見)の一社として細田妙見と呼ばれていました。 六妙見は、平将門の勧請によるものという伝承もあります。 源頼朝が立ち寄り戦勝祈願をしたと伝えられています。 建久3年(1192年)に源頼朝が千葉頼胤に命じて社殿を修造させています。 上総武田氏や安房里見氏等の代々の領主から尊崇され、武運長久の祈願をされています。 ... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 0

2009/02/04 14:21
房総のアジサイ寺 2
前日の続きです。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2008/08/12 22:42
房総のアジサイ寺
千葉県南房総市加茂には、「房総のアジサイ寺」と呼ばれる日運寺があります。 初めは勝栄坊と称する真言宗の小さな御堂でしたが、1264年に日蓮が鎌倉から小湊に帰る途中に立ち寄り、当時の堂主だった行然法印を説得して日蓮宗に改宗させてしまいました。 後に、安房里見氏の有力家臣の正木氏の一族で、伊豆で法華経に帰依して僧侶になっていた正木時通が安房に帰国して中興しました。 時通は日運と号し、寺名も日運寺となりました。 1581年には、時通の弟の正木頼忠の請いで里見義頼が2貫文の寺領を与えています。 ... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2008/08/11 12:42
奈良の大仏
4月の終わりに奈良に大仏を観に行ってきたのですが、その時の写真を公開いたします。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2008/07/01 22:33
三浦長門守所縁の供養塔
前日の続きです。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 6

2008/05/17 07:24
三浦氏所縁の寺
千葉県南房総市和田町中三原には、安房里見氏の一門衆に任じられた正木氏の菩提寺の正文寺があります。 坂東八平氏の三浦氏の一族の真田氏が安房国に土着し、禅宗の寺として創建したのが始まりです。 真田氏の菩提寺として続きましたが、正木頼忠に中興され日蓮宗に改宗されました。 境内には真田氏の供養塔があるらしいのですが、行った時はよくわかりませんでした。 改めて調べなおして、後日また行く予定です。 正木氏も真田氏と同じ三浦氏の一族です。 正木頼忠の娘で徳川家康の側室となった於万も幼少時にここで過... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 4

2008/05/16 23:42
正木氏の祈願所
千葉県館山市正木には、安房里見氏の家臣の正木氏が祈願所とした八幡神社があります。 創建年代は不明。 里見義弘の代に正木大膳の祈願所になりました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2008/05/14 16:24
三浦長門守と安房
相互リンクさせていただいているブログ「OUTDOOR+」様の記事でよく「三浦長門守」という人の名を見かけます。 坂東八平氏の三浦氏の末裔かなと思って調べてみたらやはりそうでした。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 2

2008/03/24 17:30
北条執権邸跡
神奈川県鎌倉市小町には、北条氏一門の供養のために建立された寶戒寺があります。 萩の花で有名なので萩寺とも呼ばれます。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2008/03/01 08:02
千葉寺
千葉県千葉市中央区千葉寺町には、坂東三十三箇所観音霊場第二十九番札所の千葉寺があります。 寺名は千葉寺(せんようじ)ですが、周辺の地名は千葉寺(ちばでら)です。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2008/01/26 17:13
手の神様
栃木県足利市には平将門伝説の史跡がいくつかあります。 将門は朝廷からの独立を目指して「新皇」を名乗って関東で乱を起こしましたが、藤原秀郷に討ち取られました。 討ち取られた後に五体をバラバラにされ、それが飛び上がって各地に散ったという伝説があります。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2007/10/28 20:55
千葉城
千葉市立郷土博物館に行ってきました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2007/05/12 15:57
ホウジョウ
バンダイチャンネルで配信されている「リーンの翼」の第3話「地上人のオーラ力」を視聴しました。 当初は配信開始日に朝一で観るつもりでしたが、配信が遅れていて、午後からは予定があったので断念。 次の日は「ファイナルファンタジーXI」でビシージという戦闘イベントが間をおかずに3連続であったので、そちらに時間を取られて断念。 やっと本日観ることができました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2006/05/21 09:23

トップへ | みんなの「平氏」ブログ

プチ・エッセイ 平氏のテーマ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる