プチ・エッセイ

アクセスカウンタ

zoom RSS 源晴氏公墓所

<<   作成日時 : 2017/05/21 09:47  

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

千葉県野田市関宿台町には、 観照山花林院宗英寺とう曹洞宗の寺院があります。
慶長元年(1596年)に、徳川家康の異父弟の久松(松平)康元によって創建されたと伝えられています。
久松康元には家康と同母の弟が二人おり、三人ともに松平姓を許されています。

山門
画像


本堂
画像


松平康元公墓所
画像
康元は、天正18年(1590年)に下総国関宿に2万石を与えられ、後に4万石に加増されます。
慶長8年(1603年)に死去しました。

足利晴氏公墓所
画像
第四代古河公方でしたが、北条氏と敵対して隠居させられ、後に下総国栗橋城主の野田氏に預けられ、永禄3年(1560年)に死去しました。

宗英寺の創建は1596年で、晴氏の死去した年よりも36年も後です。
なぜこの地に晴氏の墓所があるのか?
手持ちの資料やネットからはわかりませんでした。
地理的には、晴氏の死去した地(現在の茨城県五霞町)は千葉県野田市と隣接しており、わりと近くです。
すぐ近くにはかつて関宿城があり、晴氏も一時居城としたこともあります。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
源晴氏公墓所 プチ・エッセイ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる